安定性を取るのなら


最近多くなってきたフランチャイズというのは、いったいどのくらいのメリットがあるのでしょうか。フランチャイズチェーンは一定のノウハウを教えてくれ、そのメリットを享受する代わりに、ロイヤリティーと呼ばれる対価を支払っているもののことを意味します。世界初のフランチャイズチェーンは、米国のとあるファーストフード店が最初だとされています。

同店の店主が独自に編み出した製法やノウハウを他の従業員等に教えて、それに対する歩合をもらうという方法であり、これを新しい形のビジネスにしたものであるのが始まりとされているのです。日本では1960年代にこのビジネスモデルが導入され、さまざまな外食産業でフランチャイズ展開されるようになってきたのです。また広い意味で言って、特定郵便局のシステムもフランチャイズチェーンと同様の機能をもつといった意見もあるようです。

特徴としては、低コストで店舗の拡大が容易にでき、経営のノウハウを共有できるといったメリットもあるのですが、各店舗で経営者によってなどのばらつきが出てしまい、提供側のブランドイメージが損なわれるといったデメリットも存在しているのです。また経営的に問題があり、経営者の交代を進言しずらいことや本部からの仕入れということによってコストが高いなどの欠点もあります。経営にうまくいかなくなってきたとして赤字に陥っても、ロイヤリティーは発生するというものが大きな欠点であるのです。

▽管理人特選サイト
フランチャイズ・・・買取ビジネスをフランチャイズで展開しているえびすやのフランチャイズオーナー募集サイトです。


多種多様なビジネス

現在の日本で展開されているフランチャイズチェーンは、主に小売業や飲食業、そのほかにもたくさん展開されているのです、そのため、社団法人日本フランチャイズチェーン協会というものも・・・


メリットとデメリット

フランチャイズチェーンは、経営のノウハウのもとに援助をしてくれるので、経営が楽であると思われがちです。しかしながら、経営はなかなかうまくいかないもので、同じ商品を似たような場所で販・・・